・加計呂麻島

情報社会のこの時代でも
ネットに繋がっていない宝物はある。

カケロマの海に自分たちだけが浮かんでいる贅沢を
とても不思議に思った。

観光地化されていない
静かに光り輝く場所。

自分が宝物を発掘する力を持っていなくても
大好きなこのおふたりが
いつも本当の美しさを見せてくれる。

すべてのガイドさんが本物を見せてくれるとは限らないから
誰に学ぶか
とても大事。

プカプカと海の中を漂う
心の底からの気持ち良さをわたしが感じることができるのは、おふたりが本当にカケロマの海を好きだから。

好きなことを真剣にやる人の隣にいれば
きっと目の前には本物が広がっている。